超特急カイ、再びカネキの親友ヒデ役に!

1206ヒデ

主人公カネキの親友ヒデこと永近英良(ナガチカ ヒデヨシ)役を、前作に続き、メインダンサー&バックボーカルグループ「超特急」のカイこと小笠原海が演じることが決定!
新たな強敵・月山との熾烈な闘いが繰り広げられる本作において、カネキが唯一心を許せる貴重な存在のヒデ。再び思い入れのあるキャラクターを務める、小笠原の熱演っぷりにもぜひご期待ください!

小笠原海/超特急【永近英良 役】コメント
再びヒデとして東京喰種の世界に帰ってくることができて原作の大ファンとして心から幸せな時間でした!
あの現場の熱量を毎回楽しみにしており、今でも恋しく思います。
ヒデという人物が親友カネキにとっての柱、そしてそっと寄り添える光であれるように、という気持ちで演じさせていただきました。
今作では勝手にカネキと月山さんとで三角関係だと思っていました…(笑)
前作よりもクレッシェンドしている喰種の世界を皆様に堪能してもらえることを楽しみにしています。

白石隼也、ニシキ役の続投決定!

1129ニシキ

カネキが通う大学の先輩にして喰種の西尾錦(ニシオ ニシキ)役に、前作に引き続き、注目の若手俳優・白石隼也が演じることが決定!
あわせて公開された場面写真では、月山と対峙する、緊迫のシーンが映し出されています。

前作ではカネキと対立し熾烈な闘いを繰り広げたニシキですが、本作では、最愛の恋人・貴未を守るために月山に立ち向かい、カネキとも共闘する姿が描かれます。アクションだけでなく、人間と喰種の間に芽生えた愛情に揺れるという役どころで、劇中ではロマンス溢れるシーンにも挑戦。より感情豊かになったニシキ役に期待が高まります!

白石隼也【西尾錦 役】コメント
ニシキ死んじゃったね、と映画を観た方からよく言われましたが何とか生還することが出来ました。彼は不死身なのです。
実写でグールをやる意味は何か、改めて正対し撮影に挑みました。続・東京喰種ではなく新・東京喰種をお楽しみに。

実写映画続編製作決定&メインキャスト発表!

この度、実写映画続編『東京喰種 トーキョーグール2(仮)』の製作が 決定、新キャストも解禁!
大きな話題と反響を巻き起こした映画『東京喰種 トーキョーグール』が、2019年さらに進化したエンターテイメント超大作として誕生します!

 
kubota
窪田正孝【金木研(カネキ ケン)役】
金木と再会できて幸せに思います。
スイ先生の東京喰種は新たな感性や感覚、出会いを与えてくれました。
金木は正直扱い辛くやっかいな奴だけど、人には決して感じ得ない世界を魅せてくれます。
新たな東京喰種の「一肉片」の作成に精進して参ります。
 

matsuda
松田翔太【月山習(ツキヤマシュウ)役】
東京喰種の異様な世界にこれから浸れることを嬉しく思います。監督を始めとするスタッフの仲間や、窪田くんを中心にキャストの皆さんと、この撮影を楽しめたらなと思っております。月山が具現化するとどうなるのか、巧妙なCGや本格的なアクションも含め彼の独特な精神性を表現できたらなと思っております。撮影開始が待ち遠しいですね。
 

yamamoto
山本舞香【霧嶋董香(キリシマ トーカ)役】
参加出来てとても嬉しいです。
今回、「東京喰種トーキョーグール2(仮)」からの参加ですが、世界観を大切にしつつ霧嶋董香として皆様の期待に応えられるよう、そして愛されるように監督とセッションしながら撮影できたらと思いますので見守っていただけると嬉しいです。
アクションも凄く楽しみでしっかりと練習して臨めたらと思っています。
そして、東京喰種のチームの皆様と少しでも早く溶け込めたらなと思ってます。
宜しくお願いします。
 

8月18日(金)追加舞台挨拶決定!

『東京喰種』の公開を記念して、8/18(金)に追加舞台挨拶の実施が決定いたしました!
詳細は以下となります。是非ご参加ください!!

<日時・劇場>
日時:8/18(金)
①18:20の回上映終了後(舞台挨拶時間 20:30~)
②21:20の回上映前(舞台挨拶時間 21:20~)

劇場:新宿ピカデリー
登壇者(予定):窪田正孝 / 鈴木伸之(敬称略)

<チケット購入方法>
8/12(土)20:00~劇場のHPにてWEB先行販売 
8/13(日)劇場OPEN時~ 劇場チケット窓口にて販売(※残席が有る場合のみ)

<料金>
劇場の通常料金
(劇場のHPにてご確認ください。)
※ 前売券、ムビチケカードもご利用いただけます。
※ その他、チケット・料金に関する詳細は、劇場公式ホームページ等でご確認ください。

<注意事項>
※全席指定・定員入替制での上映となります。
※舞台挨拶の回の座席指定券が必要です。
※転売を目的としたご購入は固くお断りいたします。
※場内でのカメラ(携帯カメラを含む)、ビデオによる撮影・録音等は固くお断りいたします。
※ゲストおよび舞台挨拶は、予告なく変更になる場合がございますので、予めご了承ください。
※いかなる事情が生じましても、ご購入、お引換後の鑑賞券の変更や払い戻しはできません。
※マスコミの取材が入る場合がございますのでご了承ください。

5日間限定!特別企画!!半券チケット キャンペーン実施決定!
石田スイ先生描き下ろしコースター【コンプリートエディション】全17種類をプレゼント!

この度、お盆休み特別企画といたしまして、8月11日(金・祝)~8月15日(火)の間に、映画館で映画「東京喰種 トーキョーグール」をご覧いただいた方の中から抽選で10名様に、3週連続週替わり6種づつの入場者プレゼントにもなっている石田スイ先生描き下ろしコースターを全17種類を、特別に額装、シリアル番号付でプレゼント!

ご応募は簡単!
公式Twitterアカウントをフォローし、期間中にご覧いただいた映画半券とあわせて、指定ハッシュタグ【#今年の夏は東京喰種】を付けて映画の感想や思いの丈をツイートいただくだけでOK!

皆さんのたくさんのご参加、お待ちしております。

【参加方法】

①映画公式Twitter(@tkg_movie)をフォロー
②映画「東京喰種 トーキョーグール」を観た感想や思いの丈を、指定ハッシュタグ【#今年の夏は東京喰種】をつけてTwitterへ投稿。

【応募対象期間】
8月11日(金・祝)~8月15日(火)

【応募期間】
8月11日(金・祝)~8月16日(水)正午〆切
※対象期間外の投稿は無効とさせていただきます。ご了承ください。

【注意事項】
※厳正なる抽選の上、当選者の発表はDMをもって代えさせていただきます。
※当選権利の譲渡およびインターネットオークションなどへの売買行為は禁止されています。

【賞品】
・石田スイ先生描き下ろしコースター全17種:10名様
※額装してあります。
※窪田正孝さん、鈴木伸之さんのサイン入りとなります。

8/7(月)大ヒット舞台挨拶 レポート

この度、丸の内ピカデリーにて、主演・カネキを演じた窪田正孝さん、CCG(喰種対策局)に所属する喰種捜査官・亜門を演じた鈴木伸之さん、そして、本作の監督を務めた萩原健太郎監督が登壇し、公開記念舞台挨拶が行われました。

公開から10日を迎えた本作だが満席となった会場を見て、窪田さんは「公開して、たくさんの方に愛されてることを実感しました。去年の今頃、汗水たらして作った作品が、みなさんの元に届いて、今はいい意味で客観視して見れることができていると思います」と語り、原作ファンだけでなく、幅広い層から愛される作品となった本作に感慨深い様子をみせました。

窪田さんと2度目の共演となる鈴木さんだが、これまで連絡先を交換しておらず、本作のイベントや取材で親睦を深め、数ヶ月前にようやく交換したことを明かし、「焼肉屋に今度連れて行ってくれる約束をしたんです!」と嬉しそうに語った。「俳優の先輩としてこれまでの作品を見させていただいていた中で、ご一緒に芝居をさせていただき、また共演したいと思える俳優さんです」と尊敬のまなざしを向けていた。

★_MGM0446s

今回は、主題歌を書き下ろしたRADWIMPSボーカル・野田洋次郎さんのソロプロジェクト、illionがスペシャルゲストとして登場!実は、萩原監督は元々illionのファンであり、「Miracle」を聞いて『東京喰種』の世界観にピッタリだということからオファー。野田さんは、「半年以上前にお話しをいただいて、作品を観る前から関わっているすべての人が物凄い熱量でこの作品を届けたいという気持ちをぶつけてくださって、その後作品を見たら、出演しているすべての人が本作を愛していて伝えたいという思いが画面から伝わってきました。この作品に見合うだけの音楽を作りたいと思い、(主題歌を)担当させていただきました」と、主題歌を担当したことへの思いを語りました。

★_MGM0231s

そして、今回、特別に本作の主題歌である「BANKA」をピアノの弾き語りで披露!「人前で歌うのは今日が初めてなんですけど、精いっぱい歌わせていただきます」と言葉を投げかけると、ピアノの繊細な旋律が流れ、透き通るような歌声が会場に響き渡った。弾き語りを目の前で聞いた窪田さんは「本当にこの作品に携われて心から良かったと思っています」と言い、うっすら涙を浮かべていた。萩原監督も「最初に野田さんにお会いして、『東京喰種』を通して伝えたかった事や想いを話させていただいたんですが、野田さんなりの表現で包んでくれた。この曲が完成した時に『東京喰種』の新しい一面が見えたので、それをこうして目の前で聞けて感激しています」、鈴木さんも「心と言葉が突き刺さる音楽で、こんな目の前で聞かせていただいたのは初めてで、余韻が抜けないです」とコメントし、会場全体が余韻に浸っていました。

★_MGM0298s

そんな感動の余韻が残るなか、鈴木さんの呼びかけで、8月6日(日)に誕生日を迎えたばかりの窪田さんにバースデイケーキが用意され、観客と一緒にバースデーソングを合唱。サプライズで行われたこの演出に、「ありがとうございます」と満面の笑みを浮かべながら嬉しそうにする窪田さんは、「去年の昨日、現場で東京喰種のスタッフに祝っていただいて、この1年でも大きな変化がありました。作品を通して出会いがあるわけで、これからも人との出会いを大切にしていきたいですし、悔いなく思い切って生きましたと言える1年にしたいと思います。そして、もっと楽しい30代を迎えられたらと思います」と20代最後の抱負を語った。最後に、「『東京喰種』に一役者として関われて幸せです。ぜひみなさんの手でたくさんの方に広めていただきたいです」とメッセージを送り、イベントは終了となりました。

★_MGM0374s

★_MGM0403s

<舞台挨拶概要>
日時:8月7日(月)18時30分~
会場:丸の内ピカデリー
登壇者:窪田正孝さん、鈴木伸之さん、萩原健太郎監督
スペシャルゲスト:illion 

8/2(水)小笠原海登壇!公開記念舞台挨拶レポート

この度、8月2日(水)に、ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場にて公開記念舞台挨拶を実施。カネキの唯一の親友・ヒデ役を演じた小笠原海さん(超特急)が登壇しました。

映画出演が決まる前から「東京喰種」の大ファンである小笠原さんは、映画オリジナルスタッフTシャツに身を包み登壇。「今日はたくさん話させていただければと思います」と挨拶をし、時間が許す限り、観客への質問に誠意をもって応えました。
 
本作は、世界累計発行部数3,000万を超える大人気コミックの実写映画化で「原作ファンの友人から、期待を裏切らなくてすごく面白かったよと連絡があった」と言い、周りでも評判は上々。その友人が一番興奮したというシーンが、ヒデが喰種のニシキに襲われるシーン。ワイヤーにつられて突っ込んだという該当シーンはCGではなく生身で実施したことを明かしました。劇中でヒデが気絶してしまうシーンは、丸2日間かけて撮影が行われ、金髪だった髪の毛が血のりで少し赤く染まるほどに。観客からこのシーンの撮影時の気持ちを聞かれると、「原作でも描かれていたシーンなので、嫌な気持ちはなかったです。役のためならなんでもやります!」と、俳優・小笠原海としての一面を覗かせました。

ヒデとしての最初の撮影は、カネキとハンバーグを食べているシーン。撮影時では、「毎回出来立てを用意してくれて、5皿ほど食べた」といい、「食べたハンバーグの美味しさを教えてください」という観客からのリクエストにより、「すごくジューシーで、ナイフを入れると肉汁が溢れて、噛めば噛むほど肉と油の甘さがしみ出てくる」と、完璧な食レポで会場の笑いを誘いました。

窪田正孝さん演じるカネキに顔を舐められるシーンでは、「あのシーンは窪田さんのアドリブで。僕は気絶しているから窪田さんに抱かれて受け身のスタンスで待っていたら、まさかそういうアプローチでくるんだって…。ビックリはしましたが、カネキの喰種としての一面がでてたので、すごくいいシーンになりました」といい、「窪田さんに顔を舐められるのは嫌じゃなかったですね。みなさんも嫌ではないはずですよね?」と笑いながら、共感を求めていました。

最後に、「まだまだ上映は続きますので、周りのみなさんに薦めていただき、多くの方に観ていただければと思います。石田スイ先生の原作もぜひ読んでいただきたいです。この夏は、『東京喰種』の世界にドップリ浸かってください!」とメッセージを送りました。

tokyoghoul_0802

<舞台挨拶概要>
日程:8月2日(水)11:15~
場所:ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場 スクリーン1
(東京都港区台場1丁目7-1アクアシティお台場内)
登壇者:小笠原海さん

公開記念舞台挨拶決定!

皆様、お待たせしました!
『東京喰種』の公開を記念して、8/7(月)に舞台挨拶の実施が決定いたしました!
詳細は以下となります。是非ご参加ください!!

<チケット販売方法>
チケットぴあ(http://w.pia.jp/t/tokyoghoul/)
チケットぴあにて販売いたします。
料金:全席指定2,000円(別途手数料あり)
発売日:7/30(日)より抽選受付開始
※前売券、ムビチケカードはご利用いただけません。

【舞台挨拶】
日時:8/7(月)18:30の回上映前挨拶
会場:丸の内ピカデリー1 http://www.smt-cinema.com/site/marunouchi/
登壇者(予定):窪田正孝/鈴木伸之/萩原健太郎監督/illion(敬称略)
※他の劇場でライブビューイング中継も実施します(詳細は下記)。

<注意事項>
※全席指定・定員入替制での上映となります。
※舞台挨拶の回の座席指定券が必要です。
※転売を目的としたご購入は固くお断りいたします。
※場内でのカメラ(携帯カメラを含む)、ビデオによる撮影・録音等は固くお断りいたします。
※ゲストおよび舞台挨拶は、予告なく変更になる場合がございますので、予めご了承ください。
※いかなる事情が生じましても、ご購入、お引換後の鑑賞券の変更や払い戻しはできません。
※マスコミの取材が入る場合がございますのでご了承ください。

【ライブビューイング上映】
8/7(月)18:30の回上映前挨拶
登壇者(予定):窪田正孝/鈴木伸之/萩原健太郎監督/illion(敬称略)
※内容は上記の丸の内ピカデリー舞台挨拶のライブ中継となります。

・登壇者は予告無く変更になることもございますのであらかじめご了承ください。
・実施劇場は、上映劇場ページにて後日ご確認ください。

◆発売日・発売方法
8/2(水)以降順次 劇場販売
※ 通常料金での販売になります。各劇場の販売開始日および料金設定は、該当劇場公式ホームページ等でご確認ください。
※ 前売券、ムビチケカードもご利用いただけます。
※ その他、チケット・料金に関する詳細は、該当劇場公式ホームページ等でご確認ください。

◆その他の注意事項 
※ 場内でのカメラ(携帯カメラ含む)・ビデオによる撮影、録音等は固くお断りいたします。
※ 転売目的でのご購入は、固くお断り致します。
※ 映画鑑賞の妨げになりますので、上映途中での入退場はご遠慮ください。