6月11日(火) TOKYOプレミア レポート&主題歌解禁!

0611_『東京喰種【S】』TOKYOプレミア_オフィシャル1

6月11日(火)に東京・恵比寿にてTOKYOプレミアを実施し、主演の窪田さんをはじめ豪華キャストが勢ぞろいしました。

まずは野外の特設ステージにてスペシャルイベントを開催。
イベント開始時には小雨に見舞われましたが、華やかな衣装に身を包んだステージにゲストが登壇すると、なんとぴたりと雨が止む奇跡が!会場が大歓声に包まれる中、窪田さんの「この夏は」の掛け声に、観客が「東京喰種!」とレスポンス。同時に盛大にキャノン砲が発射され、盛り上がりは最高潮に。満員の観客を目の前にした窪田さんは、「前作を経て『東京喰種 トーキョーグール【S】 』となったんですが、臨場感あふれる、でもどこかやわらかくてどこか不気味で、ものすごく素晴らしい作品が出来たと自信を持って言えます!」と力強くコメント。観客のあたたかな拍手に包まれながら、笑顔でステージを後にしました。

続いてザ・ガーデンホールにて行われた舞台挨拶では、ゲスト陣によるトークセッションを実施。初めて一般のお客様に映画を観てもらう機会ということで、窪田さんが前作を観たことがある人を尋ねると、会場のほとんどの観客から手が挙がりました。窪田さんは「今回は新キャラ・月山役の(松田)翔太さん、そしてトーカ役の(山本)舞香ちゃんをはじめとするキャストのみなさんが、新しい風を巻き起こしてくれました。だから前作を観ていない方でも、ここから楽しめる作品になっていると思います」と手応えを確信した様子。また、共演シーンも多かった窪田さん、松田さん、山本さんは、撮影後も連絡を取り合うほど意気投合し、トーク中も仲の良さをのぞかせました。

0611_『東京喰種【S】』TOKYOプレミア_オフィシャル2

さらに、本作では「喰種vs喰種」のバトルアクションが最大の見どころである中、松田さん演じる最大の敵・月山の「変態性」が早くも話題に。そこで今回はそんな月山にならい、キャスト陣それぞれの「変態度」の結果が発表されました。使用した診断は、占い・心理クリエイター脇田尚揮さんによる、数秘術で占う「変態度」診断。生年月日を基に計算し、変態度15%、35%、70%、90%と4段階の結果が導き出されます。会場の期待も高まる中、まず発表されたのは、「変態度35%」。該当者は、亜門鋼太朗役の鈴木伸之さん!変態の要素はあるもののそれに気付かないタイプで、穏やかで物静かな性格。鈴木さんは「亜門はすごく一途で、僕とリンクしていますから」と安堵を見せるも、「正当化する理由さえあれば、その世界に足を踏み入れる可能性もあるという」診断結果に、最終的には「よくわかってる!」と自ら認め会場は爆笑の渦に!

続いて「変態度70%」の該当者として発表されたのは、松田さん、白石さん、知英さん、栁さんの4人。「変であることを楽しめる明るい変態タイプ」で、一言でいうなら“明るい変態”という結果に、窪田さんと山本さんは「翔太さんは100%では!?」と物足りなさそうにコメント。対する松田さんは「いいよ、俺明るい変態だから」と月山役らしく爽やかに言い切り、会場からは惜しみない拍手が沸き起こりました。また、白石さんは「言葉遊びが大好きで、変な発言さえもコミュニケーションととらえるタイプ」、知英さんは「好きな相手のためなら何でもしてしまうタイプ」、栁さんは「親しくなると冗談か本気かわからない変態的なアクションをしかけるタイプ」という結果が明かされると、それぞれ困惑しつつも照れ笑いを浮かべていました。

0611_『東京喰種【S】』TOKYOプレミア_オフィシャル3

そしていよいよ、最も変態度の高い90%と、最も低い15%が発表に!「変態度15%」は、なんとまさかの該当者ゼロ。結果、残る窪田さん、山本さん、マギーさんが「変態度90%」という驚きの結果に!真面目そうに見えて隠れド変態の可能性を持ち、完璧主義で正義感が強い反面、破壊衝動を内に秘めたタイプという「変態度90%」。奇しくも主人公カネキ役の窪田さんとヒロイントーカ役の山本さん、そして月山に狙われる美しきモデル・マーガレット役のマギーさんという3人が揃いましたが、「よほど心を許した相手にしかその事実を明かすことはない」という結果に、3人とも「合ってる!」と納得の様子を見せました。

0611_『東京喰種【S】』TOKYOプレミア_オフィシャル4

イベントの終盤には、主演の窪田さんが、本作の主題歌が女王蜂の「Introduction」に決定したことを発表!TVアニメ版「東京喰種:re」のエンディングテーマ「HALF」を手掛けた女王蜂が、映画サイドの熱いオファーを受け、再び「東京喰種」に楽曲提供することとなりました。女王蜂がオファーを受けた時にはすでに本曲は完成しており、歌詞の内容やアッパーチューンなテンポがまさに本作そのもの、と運命的なめぐりあわせによって決定。なお、本曲は5月に女王蜂が発売したNewアルバム『十』に収録されています。

また主題歌解禁にあわせて、会場では新たに主題歌入りの最新予告も発表され、熱気は最高潮に!窪田さんは「本作はすごくスピード感があって、その中で女王蜂さんの『Introduction』は、アップテンポだけどその中に狂気があり映像にマッチしている。最後の最後で、席を立たないで浸っていただきたいです」と主題歌への思いをコメントしました。

イベントの最後には、松田さんが「僕は今回、恋愛映画だと思って、とにかく『カネキくんを喰べたい』と思って挑みました。一目惚れから愛に変わるまでを演じましたので!」と自信をのぞかせました。そんな“熱烈アプローチ”を受けた窪田さんは、「翔太さんの愛もたくさん詰まった『東京喰種』となっています!ぜひ楽しんで観てください」と笑顔でコメント。TOKYOプレミアは大盛況のうちに幕を閉じました。